1. トップページ
  2. ここが困る!湿度が低いホテルの部屋の悩み

ここが困る!湿度が低いホテルの部屋の悩み

朝起きたときにのどの痛み、声が出ないことが以前はありました。

20代 【乾燥した国・地域など】日本国内地方都市ビジネスホテル

朝起きると喉が痛くなっており、声を出すのが大変になっています。唇やお肌もカサカサになるので日本に帰るときはとても困っています。

33歳 【乾燥した国・地域など】大阪

朝起きた時、喉が痛くなったり、肌が乾燥してカサカサになります。その日は、化粧ののりがすごく悪いです。

52歳 【乾燥した国・地域など】なし

一番困るのは、肌が乾燥して?き壊してしまうことです。いつも入浴後に保湿クリームを付けたりと気をつけてはいますが、寝てる間にかいてしまうこともあり、防げないので乾燥には気をつけています。

20代 【乾燥した国・地域など】イギリスなどヨーロッパ地域

朝起きた時に肌がガサガサして痛くなることです。特に顔は洗顔もできないぐらいになり、笑うと突っ張っているような違和感を感じます。

21歳 【乾燥した国・地域など】アジア圏、北海道

私が一番困るのは、乾燥により、のどが非常に痛くなることです。ホテルで朝起きたときに、のどがヒリヒリとします。その日のうちに治りはするのですが、のどへのダメージが心配なため、できれば避けたいです。

43歳 【乾燥した国・地域など】なし

ホテルに置いてあるボディーソープは自分の肌に合わず乾燥するので、ボディーソープはもちろん、洗顔料、化粧水、美容液、保湿クリーム、濡れマスク、など持ち物がものすごく多くなることです。また、乾燥すると肌は粉をふき、喉もやられてしまい、声が出なくなる時もあります。

23歳 【乾燥した国・地域など】なし

のどの痛みや、唇の感想、目の乾き、髪の毛のパサつきなどが気になります。旅行には肌のカサカサ感を解消するため、美容液たっぷりのシートを持って行きます。

60代 【乾燥した国・地域など】京都、奈良、埼玉

2,3泊していると、乾燥肌で肌が荒れ、湿疹などもでき、かきむしるとさらに悪化するという悪循環が始まります。

40代 【乾燥した国・地域など】シンガポール

まず肌がガサガサになるので、保湿は念入りにする必要があり、化粧品類を持って行くのが大変です。また乾燥でのどがやられるのか、朝起きると風邪を引いたような感じののどの痛みを感じることがあります。

40代 【乾燥した国・地域など】北海道

乾燥で肌が乾燥して粉がふいたりします。翌日の化粧のりが悪くなります。また、喉も痛くなり翌朝声が出にくいことがありました。

50代 【乾燥した国・地域など】なし

朝に起きた時に喉がカラカラで調子が悪くなるのと、鼻の中が乾燥して息がしにくくなるのが一番困ります。

26歳 【乾燥した国・地域など】東京

鼻の粘膜がツンと痛みと喉の痛み、これと疲れなどが重なり体調を崩すことが多々あります。

32歳 【乾燥した国・地域など】なし

起きた時に唇がガサガサになっていて、皮が剥けていたり、切れやすくなるので冬場は特に困る。乾燥により喉の調子も悪くなると、せっかくの旅行を存分に楽しめなくなるので、気をつけている。

29歳 【乾燥した国・地域など】なし

肌がカサカサになり痒くなります。次の日起きた時に肌が痒くなって粉をふきます。また、喉が痛くなるので常にのどスプレーやマスクを持ち歩いています。

30代 【乾燥した国・地域など】東京

起きた時に、喉が乾燥して痛くなることです。ひどい時には、咳が出て夜中に起こされることもあります。すぐに治るときが多いのですが、そこから風邪を引いてしまったこともあるので、喉にくるのが一番困ります。

30歳 【乾燥した国・地域など】なし

起床後の喉の痛みです。なにも対策をしないで寝ると大抵喉がガラガラになり、その後風邪をひくというパターンが多いです。

20代 【乾燥した国・地域など】なし

ホテルの部屋が乾燥すると、やはり翌日喉に来ます。そこから風邪をひいてしまうこともあり、部屋の乾燥には気を付けています。

30代 【乾燥した国・地域など】なし

素肌がパリパリになり、化粧のりが非常に悪くなる事と、喉が乾燥で痛くなるのが一番困ります。かなりストレスが溜まるので。

27歳 【乾燥した国・地域など】金沢観光ホテル

乾燥で顔がカピカピするのは嫌です。また、乾燥した部屋で寝ると朝起きたときに喉が痛くなっているので、体調が悪くなります。

32歳 【乾燥した国・地域など】特になし

肌が乾燥してかゆくなることと、朝起きて喉が痛くなることです。かゆみがひどいとそのド2〜3日改善せず皮膚科に駆け込むこともあります。

34歳 【乾燥した国・地域など】長野県

いびきをかくので、寝ている間に口が開いているので、ビジネスホテルのような常に乾燥している場所では次の日喉がガラガラになってしまいます。また、床が化成繊維タイルマットが敷き詰められているため静電気がとてもたまりやすく、私の体質ですと、静電気の帯電で肩こりや倦怠感を感じます。

35歳 【乾燥した国・地域など】ビジネスホテル

お肌や喉が乾燥してしまうこと。朝起きて、からからになってしまうから。

42歳 【乾燥した国・地域など】東京

顔の肌が乾燥しすぎてしまい、粉をふいたようにカサカサになってしまうことです。この状態になると肌に痒みや痛みが出てしまうため、大変困ります。

22歳 【乾燥した国・地域など】なし

ホテルに泊まって乾燥していると朝起きると喉が痛いことです。エアコンをつける季節だった場合乾燥がひどく、朝起きると喉が痛くて声が出ないほどです。仕事で出張利用が多いので、朝一の商談は声が出づらくしんどいです。

28歳 【乾燥した国・地域など】なし

旅行中は、どうしても持っていける基礎化粧品が限られるため、普段通りのスキンケアができなくなります。そのため、特に目覚めた朝に肌のかさつきを実感しています。化粧乗りも悪く感じます。

20代後半 【乾燥した国・地域など】なし

温泉宿泊施設の場合、私は何度もお風呂にはいるので、それだけ体の水分が奪われていると思います。普段より多めに顔に乳液をつけたりしても翌朝の肌の調子はありよくありません。髪もパサつくし体もカサつきます。

40代 【乾燥した国・地域など】なし

就寝中にのどがいがらっぽくなり、咳き込むことや、それが原因で、睡眠不足になること、翌朝の肌のメイクのノリが悪くなることがストレスです。

55歳 【乾燥した国・地域など】東京都

喉が乾燥して痛くなることです。寝起きが特に乾燥して喉がヒリヒリし、飲み込むと痛いのが嫌です。冬場が特にひどいです。

40代 【乾燥した国・地域など】なし

まずは喉が傷んできます。特に冬は外気も乾燥しているためイガイガしているところにエアコンの温風で症状が進んでしまう感じです。

50代 【乾燥した国・地域など】なし

Copyright (C) 2019 ホテルの乾燥がきつい!対策方法 All Rights Reserved.